Scroll

Pressrelease

「BOXIL SaaS AWARD 2021」、受付システムRECEPTIONISTがスタートアップ大賞を受賞

受付システムで唯一の受賞 コロナ禍の生産性向上に貢献

 

クラウド受付システム「RECEPTIONIST」を運営する株式会社RECEPTIONIST(本社:東京都渋谷区、代表取締役:橋本真里子)は、「BOXIL SaaS AWARD 2021」にて、企業の生産性向上に貢献している企業として「SaaS AWARD2021」部門スタートアップ大賞を受賞したことをお知らせいたします。
  

BOXIL SaaS AWARD とは

「BOXIL SaaS AWARD」は、スマートキャンプ株式会社(以下「スマートキャンプ」)が、2019年から毎年3月4日をSaaS(サース)の日として、今評価されているSaaSを表彰するイベントです。SaaSマーケティングプラットフォーム「BOXIL SaaS」上に掲載され、エントリーされた各サービスの中から、定量・定性それぞれの基準に沿って各部門複数サービスをノミネートし各賞を選出しており、今年で3回目の開催となります。
 
BOXIL SaaS Award2021 特設サイト :https://boxil.jp/awards/2021/
BOXIL SaaS URL:https://boxil.jp/
  
2021年は、コロナ禍での働き方改革で高く評価されたサービスを表彰する「カウンターコロナ部門」が新たに追加され、「BOXILランキング部門」「SaaS AWARD 2021部門」の計3部門において、全45サービス(※)が選出されました。
 
RECEPTIONISTは「SaaS AWARD 2021部門」で創業10年以内×従業員100名以下の企業の生産性向上に最も貢献している「スタートアップ賞」の大賞を受賞しました。
※部門賞の受賞数には複数部門での重複受賞数が含まれています。

 

受賞コメント 代表取締役CEO 橋本真里子

この度は、「BOXIL SaaS AWARD 2021スタートアップ大賞」をいただき、大変光栄に思っております。いつもRECEPTIONISTをご支援いただき、ありがとうございます。
効率を意識した働き方をされている企業が多いスタートアップの方々に選んでいただき、大変嬉しく思うと共に、少しでも効率化のお役に立てているのだと実感しました。
2020年は様々な企業が「改めて効率化を意識した年」でもあると思います。これからはスタートアップだけでなく、大手企業や企業以外の受付にも貢献してまいりたいと考えております。今後ともサービス向上に努めてまいりますので、引き続きご支援よろしくお願いいたします。
  

 

<本件に関するお問い合わせ先>
広報担当者 :藤村
https://receptionist.co.jp/contact/