Scroll

Pressrelease

商談・打合せまでの雑務をDX化。RECEPTIONIST「調整アポ」が全面リニューアルし、新しい働き方の促進へ

日程調整から受付・会議室管理までをワンストップで効率化する国内初のサービスへ

 

クラウド受付システムを運営する株式会社RECEPTIONIST(代表取締役:橋本真里子、本社:東京都渋谷区)が、新しい働き方に合わせて、日程調整ツール「調整アポ」をオフィス会議やWEB会議の日程調整をより効率的にするプロダクトへリニューアルしました。
これにより、RECEPTIONISTは日程調整から受付システム・会議室管理システムまでワンストップで効率化できる唯一のサービスへと進化しました。

 

調整アポ:http://scheduling.receptionist.jp/

 

2020年より、働き方は大きく変化しました。

商談では、オフィスを訪問する機会が減少し、オンライン化が進むなど、外部との接点が大きく変化したといえます。

 

クラウド受付システムを提供してきた当社は、ミッションである「あらゆる”受付”に進化をもたらし、働きやすい世の中を創造する。 」にある「受付」を再定義しました。

物理的な企業受付だけではなく、人と人をつなぐ日程調整もひとつの「受付」とし、オフィスワークとテレワークを併用したニューノーマルな働き方に対応すべく今回の開発とリリースに至りました。



取締役COO 兼 プロダクトマネージャー 真弓貴博より

2018年にRECEPTIONISTの機能としてリリースした「調整アポ」は、2020年の大きな働き方の変化に伴い、機能を大幅にリニューアルしました。

昨今の情勢により来訪が減りつつありますが、社外の人とのコミュニケーションが減ったわけではありません。WEB会議等に代替されたそのコミュニケーションをも効率化するために、オフィスへの来訪者の「受付」だけでなく、社外の人との接点を「受付」と捉え直し、日程調整からWEB会議の実施をスムーズに実現する、単独のサービスへと進化させました。端的に説明すると「私を予約するURL」を簡単に発行できるようにすることで実現しています。

RECEPTIONISTによってみなさまが日程調整のストレスから解放され、「日程調整のために日時をメールに手打ちする人」がいなくなるように、今後もアップデートを行っていきます。


リニューアルした調整アポでできること


・空いている日時を自動で抽出
Outlookカレンダー、Googleカレンダーと連携し、空いている日時だけを予約可能にします。

・自動で商談日時が反映
日程調整後の確定日時は連携しているカレンダーに自動で反映されます。

・来訪時の受付コード自動発行
受付システムRECEPTIONISTを利用している場合は、受付コードが自動で発行されます。

・個人だけでなくチームでの調整も可能
全員が参加、誰か1名が参加など、会議へ参加するメンバーやルールを柔軟に設定できます。

・自動でWeb会議URLを発行
Microsoft Teams、Google Meet、Zoom(ComingSoon)と連携することで、日時確定と同時にWEB会議URLを発行します。

 

「調整アポ」で日程調整を行うことによって、日程調整に掛かる作業を削減し、来訪、往訪、WEBすべての商談・打合せの機会を効率的に創出します。



こんな人におすすめ

・営業・カスタマーサポート
取引先との日程調整を効率的に行いアポイントメント数のアップに。
WEB商談URLも自動で発行。

・人事
応募者と面談者の日程調整を自動化。受付システムと連携すれば、来訪までシームレスに。

・秘書やアシスタント
多忙な経営者の日程調整を代わりに設定。



「調整アポ」について 

「調整アポ」は、打合せ・商談前の日程調整ストレスをゼロにする日程調整サービスです。

Outlookカレンダー・Googleカレンダーと連携することで関係者のスケジュールの空き状況、会議室の空き状況をシームレスに管理し、スムーズな日程調整を可能にします。

WEB会議、来訪、往訪のどのパターンでも、空いている日時を自動で抽出し、お客様・クライアントに選んでもらうだけで完了です。

 

 

<本件に関するお問い合わせ先>
広報担当者 :藤村
問い合わせ先:http://receptionist.co.jp/contact/