Scroll

Pressrelease

Microsoft 365 との連携を強化し、来客受付と会議スペース管理をより効率化へ

会議スペース管理アプリ「RECEPTIONIST For Space」のOutlookカレンダーとの連携を開始、来客通知はTeamsでメンション可能に
 

株式会社RECEPTIONIST(代表取締役:橋本真里子、本社:東京都渋谷区)の運営するクラウド受付システム「RECEPTIONIST」、会議スペース管理アプリ「RECEPTIONIST For Space」が Microsoft の提供するクラウドサービス Microsoft365 との連携機能を強化したことをお知らせいたします。
 

<アップデート内容>
・「RECEPTIONIST For Space」Microsoft365 の Outlookカレンダーとの連携を開始
・「RECEPTIONIST」の来客通知が担当者にメンションされる仕様へ
 

Microsoft365をご利用中の企業であれば、RECEPTIONISTを導入することで来客はTeamsで通知し、アポイントメントや会議室の管理はOutlookカレンダーと連携して管理することができるようになります。
日程調整・受付・会議室の予約や管理までの来客業務をすべてRECEPTIONISTが引き受けます。
 
また、会議室の空予約(予約しているのに使われない)を防ぐための予約リマインドメールや、会議が長引くのを防ぐための終了前通知など、さらに便利にお使いいただける機能をリリースいたしました。
 

「RECEPTIONIST For Space」について

このアプリをインストールしたスマートフォンまたはタブレットを会議室に設置することで、会議室の入退室を把握し、実際にどの会議室が使れているのか、今すぐ使える会議室はどこなのかがWEBの管理画面からわかるようになります。
 
スマートフォンでも利用できるため、会議室だけでなく小規模な商談ブースやオープンスペースのソファ席など、あらゆるスペースに設置することで利用状況が把握可能になります。
 
新たに追加された予約状況のリマインドメールでは、事前に会議室の利用予定を予約者にリマインドすることで、開催されなくなった会議予定を事前にキャンセルするように促し、会議室の空予約を未然に防ぐことで会議室の有効活用を実現できます。
 
これまでカレンダー連携でご利用いただけるのはGoogleカレンダーのみでしたが、この度のリリースによりMicrosoft365 Outlookカレンダーにも連携してご利用いただけるようになりました。
 

■主な機能
・会議室への入室処理・退室処理
・直近の予定名の表示
・会議室の入退室状況一覧(WEB)
・今すぐ予約可能な会議室一覧(WEB)
・会議室予約状況のリマインドメール(メール)
 
■対応カレンダー
・Googleカレンダー(GSuite)
・Outlookカレンダー(Microsoft365)