Scroll

Pressrelease

代表橋本によるオンラインセミナー「受付データから読み取る企業のテレワーク実態〜コロナウイルスによるプラスとマイナスの気付き〜」を開催します

クラウド受付システム「RECEPTIONIST(レセプショニスト)」を運営する株式会社RECEPTIONIST(代表取締役:橋本 真里子、本社:東京都渋谷区 以下、当社)は、代表 橋本真里子による、自社の受付データ読み取るテレワークの実態と今後の働き方について考えるオンラインセミナー「受付データから読み取る企業のテレワーク実態〜コロナウイルスによるプラスとマイナスの気付き〜」を、6月9日(火)に開催いたします。

 

4月7日(火)に発令された「緊急事態宣言」に伴い、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止対策として、多くの企業がテレワークを取り入れ、取引先などへの往訪を制限しオンライン会議や電話に切り替えられました。

 

その影響により、当社が運営するクラウド受付システム「RECEPTIONIST」の受付利用回数は2020年2月のピークと比べて8割減となっています。

 

緊急事態宣言とともに目標として発表された「人との接触を8割減らす」ことがビジネス面で達成できていたということが明らかになりました。

 

宣言が解除された後も、引き続きテレワークを継続の意向やオフィスの縮少傾向があるなど、個人の働き方への意識が変わってきていると考えられます。

 

一方で、RECEPTIONISTの利用継続率は99.5%を保ち、「ウイルス対策として受付のデータ化をしたい」との経緯から新規での導入要望もいただいております。

 

上記の背景から、当社が独自に収集した、RECEPTIONIST導入企業数2500社の企業受付データから抽出した「都道府県別の傾向」「緊急事態宣言中の利用状況」などを用いて、今後変化する働き方について考える機会とするために本セミナーを企画いたしました。

 

ご参加を心よりお待ちいたしております。

 

【セミナー詳細】
タイトル:受付データから読み取る企業のテレワーク実態
     〜コロナウイルスによるプラスとマイナスの気付き〜
登壇者:橋本 真里子(株式会社RECEPTIONIST代表取締役CEO)
主催:株式会社RECEPTIONIST
日時:2020年6月9日(火)15:00~15:30
参加方法:Zoomにて開催
     下記URLより事前にお申し込みください。当日までにURLをお送りいたします。
申込み方法:以下のページからお申込みください。 

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfnSXX1ZJszMJwEjZwKR6AQ8IIctMnIbz1ohTlQ5sLONATUXg/viewform

 

<注意事項>
・本セミナーは「Zoom」にて実施いたします。事前にZoomアプリのダウンロードおよび、接続テストをテストサイト( https://zoom.us/test )にてご確認ください。(セミナー開始時間の15分前よりログイン可能)
・視聴用URLは、申し込みフォームへご記入頂いたメールアドレス宛に、前日までにご案内いたします。
・当日は、インターネット環境をご準備頂き、PC・スマートフォン・タブレットからご参加ください。
・申し込みフォームに入力いただいた個人情報につきましては、セミナーに関するご案内の目的以外に、許可なく利用することはありません。